T.N.G. Technologies 事業内容

i-Motor(界磁制御型高性能モータ)

地球温暖化防止のため、自動車の世界では、HEV(ハイブリット)、PHEV(プラグインハイブリット)、EV(電気自動車)が注目されています。その要となるモータ(回生発電機)技術の性能を高める事は非常に重要です。
この特許技術は、永久磁石の磁力を変化させモータ界磁を自在に制御する事で低回転から高回転まで効率が向上するモータです。また、磁化変更も容易で段階的な制御が可能となるため、モータ・定電圧発電機を融合したオールインワン構成も可能です。特に回生制動の際の制動力制御や低速までのエネルギー回生に大きな特徴があります。


本技術は、i-Motor株式会社[→リンク]にて事業化を開始しています。

特徴

  • 常に高効率で駆動(駆動中でも特性を変更できる)高速限界の拡大
  • 低速・大トルク
  • 高速限界が拡大
  • 回生制動力と回生エネルギー回収が容易
  • 既存モータの主流であるPRM構造と併用できる
  • 定電圧発電機能によるトータルコスト低減